2015年05月11日

【読書】投資は「きれいごと」で成功する

最近読んだ本のご紹介です。

投資は「きれいごと」で成功する 新井和宏氏著

投資信託を運用会社が、証券会社や銀行を通さずに直接自社で運用する投資信託を販売する直販投資会社。
その一つである鎌倉投信の運用責任者である新井和宏さんの本です。

鎌倉投信が考える「投資の果実」は
投資の果実 =「資産形成」×「社会形成」×「こころの形成」

投資信託はNISA制度の開始もあり、投資経験の浅い方へのおすすめ商品としても
扱われることが多いです。しかし、自分のお金がどのような市場で、どのような経済活動に投資されているのかを
理解した上で投資をするというのが大原則だと私は考えています。

企業の経営がいい時も苦しい時も、経営者が歯を食いしばって社会のために頑張っている。

そんな会社を心から応援し支えられるような投資先をファンドマネージャーが選んでいることがわかる。
透明性の高い商品を買い、忍耐力のあるお金を通して、自分のお金が未来の社会につながっていくのはとても素敵なことではないでしょうか。

コメントを残す



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。