2016年05月09日

お金持ちになるために

お金持ちになりたくない人はいないでしょう。
では、お金持ちってどんな人で、どんな生活をしているか考えてみましょう。


 

あなたにとってのお金持ちとは???

外貨03

「働かずに遊んで過ごせること」
「お城のような家に住むこと」
「高級車に乗ること」

皆さんが抱かれるお金のイメージはこのようなものではないでしょうか?


 

あなたのイメージするお金持ちの現実像

遊んで過ごすということは、基本的な生活費に加え、遊びに掛かるレジャー費を十分に蓄えてあり、それを取り崩しながら生きていくということです。
生活費とは、食費、住居費、医療費など。一生その「お金持ち像」を維持するためには、年齢が上がるにつれて自己負担額が大きくなってくるかもしれない医療費は、潤沢に用意しておかねばなりません。

お城のような家に住むことということは、それだけの家を維持する費用が掛かって来るでしょう。
税金、修繕費、維持のためのクリーニングや植栽の手入れなど。また、光熱費も家が広くなると当然その分上がります。

高級車も同じく、維持費用は部品などのメンテナンスにも普通車よりお金が掛かりますし、燃費も悪いです。

それでもこれらを「所有」することによって満足できていた時代は良かったのです。
周囲の人と比較して、人と同じ物を持つ、さらには人より良い物を持っている(所有している)ことで満足していた時代。
ここで言う周囲の人とは、家族、同じ地域で生活する人、同じ会社で働く人、友人など。
自分の行動範囲(コミュニティ)、実際に会って情報交換できるの中での話でした。

しかし、21世紀に入り急速に普及したインターネット、IT化、そしてそれに対応できるシステムの高性能化。
さらにはグローバライゼーションが、横並びのサービスから、一人ひとりの選択の自由を可能にしました。
これらによって、情報を入手する手段や範囲が格段に広がり、自分にあった「選択」というプロセスが加わりました。
その結果、「所有」することだけでは満足する人は減ってきています。

ここでもう一度、考えてみましょう。


 

「あなたにとってのお金持ちとは?」

憧れを手に入れることがお金持ちではないことに、気付かれたのではないでしょうか?

あなたの「お金持ち」だと考えている幸せそうな憧れを手に入れても、手に入れた瞬間それは
「憧れ」から「現実」に変化してしまうのです。

情報に惑わされず、自分にあった選択をし、自信を持って生きること。
そのためのお金に不自由しないこと。
これが、現代のお金持ちと言えるのではないでしょうか。

私はファイナンシャルスタイリストとして、一人でも多くの方に21世紀版お金持ちとなっていただけるようにそのお手伝いを致します。

コメントを残す



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。