2015年06月15日

セゾン投信株式会社1,000億円達成記念パーティー

2015年6月13日(土)梅雨の合間の晴れた日に、セゾン投信株式会社様の運用資産残高1,000億円突破記念パーティーに参加してまいりました。

昨年にファイナンシャルプランナーの勉強会で社長の中野晴啓氏のお話を伺った時、日本にもこんな人がいるのだと感動してから1年ちょっと。
その間にどんどんと口座数が増え、預かり資産が1,000億円を超えたのが2014年11月でした。
その預かり資産も順調に伸びを続け、現在は2本ある商品の一つ、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドだけで1,000億円を突破しています。
相場に何かあって、パーティーとしている時に1,000億円を下回っていてはいけないということで、この日の開催となったそうです。
(本日現在、もう一つの商品であるセゾン資産形成の達人ファンドも合わせると1200億円を超えています。)

販売手数料を取らず、お客様(投資家)に無駄なコストを負担させるのを嫌うセゾン投信さんらしく、場所は文京シビックセンター。会費制のパーティーでした。
120名の定員で、集まっていたのは、投資家の方、業界関係者の方、草食投資隊でいつも仲良く活動されているコモンズ投信の渋澤健会長も駆けつけられていらっしゃり。
また、昨年9月に発表のあった資本・業務提携先の日本郵便の方々も何名もいらしており、立場を越えて交流していることがとても印象的でした。
こういったパーティーが開けるのも、直販投信ならではのスタイルでしょう。

最後はセゾン投信のアドバイザーである房前督明さんの愛のあるスピーチで締め。
中野さんの著書「預金バカ」で、セゾン投信設立に至る時の房前さんとのやりとりについては書かれています。
実際に房前さんの独特の語り口で、語られると、この1000億円の記念の場に未来へつながる一本の道筋が見えてくるのでとても不思議です。

ファンドの運用は実際に目の前にお金があるわけでもなければ、運用する金額の大きさに慣れてしまうような世界です。
そういう慣れに甘んじることなく、社員の皆さんが一人ひとり心を込めておもてなしをなさる姿に、ここの会社の凄さを感じます。
次は、どんな数字でパーティーされるのでしょうか。次も楽しみにしております。

コメントを残す



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。