2015年12月02日

継続的な寄付を!

12月に入り、ボーナス、そして年末調整と、ちょっと懐の暖かくなる季節です。
税金の節約になり、かつ「良いこと」ができる「寄付」のお話。

11月29日(日)はI-Oウェルス・アドバイザーズ株式会社代表で投資教育家&ファイナンシャル・ヒーラーの岡本和久氏のセミナーで認定NPO法人テラ・ルネッサンス鬼丸昌也氏のお話を伺いました。

「すべての人に未来を造りだす力がある」
子どもたち一人ひとりに未来を繋げられるように、私達ができること、それはまず関心を持つことだと思います。
アフリカのウガンダ・コンゴ・ブルンジで元子ども兵の社会復帰支援事業を行っているテラ・ルネッサンス。
彼らには何の罪もないのに、武器を持たされ、兵士として戦力にならざるを得ない状況は、知れば知るほどつらい現実です。

今回、1時間ほどのお話の中で会場で一番大きな反応があったのが、助成金(Grant)について。
これは、国際協力の現場やNPO、NGOに限ったことではありません。
政府や政府系機関から、国際協力や科学技術振興、文化振興など様々な資金が出ています。
これらの資金は、プロジェクト毎に厳しく管理されており、スタートから終わりまで、一切の寄り道を許さない管理体制となっています。
これが、かなり現場ではかなり煩雑かつ負荷のかかる管理を強いる結果となっており、
例えば、その国や地域で子ども支援のための”A”というプロジェクトの資金をもらっていたら、現地に調査などに行く。
その際、大人の支援のための”B”というプロジェクトに滞在中関与することは一切許されません。
”A”と”B”プロジェクトを兼任している担当者は、それぞれのプロジェクト単位で新幹線や飛行機に再度乗って移動しなければならなく、
担当者の体力を奪い、もし万が一プロジェクトを混在させるようなお金の使い方をしていた場合の戻す処理はさらに煩雑さを極めます。
私もシンガポール在住時に、そうやって無駄と思える往復を繰り返さざるを得ない人を見てきました。

東日本大震災で、日本人は様々な団体に多額の寄付をしました。また、記憶に新しいところでは、昨年夏に流行ったアイスバケツチャレンジではALSの支援団体にも多額の寄付金が流れました。
そこで、NGO団体の資金は一時的に潤ったのですが、次年度以降継続的な寄付を得ることは難しく、
その年限りの打ち上げ花火のような支援プロジェクトを考え出すようなやり方に持っていくしかない現実があります。

収益事業をきちんと持って、団体内で資金をきちんと確保できることは理想ですが、そこまでにするのも厳しいでしょう。
※NPOは稼いでいけないのではなく、配当を出してはいけないのです。事業の成長や継続のために稼ぐことを禁じられているわけではありません。

子どもが成長するまでには生まれてから20年もの月日が掛かります。
彼らを支援するプロジェクトを単年度で考えられるでしょうか?
そこで、NPO団体の中には、公的なお金ではなく、民間の一人ひとりの支援をいただけるようにクレジットカード決済などの毎月コツコツ入ってくるお金を根付かせようと日々努力しているところもあります。

公益財団法人、公益社団法人、認定NPOなどへの寄付金は、個人・法人の寄附金控除として確定申告をすることで、所得税・法人税を下げる効果があります。
支援プロジェクトを担当するスタッフも必要です。彼らを継続して雇い続けなければこの先プロジェクトを回し続けることはできません。
寄付は、とても大事な資金です。

免税メリットに目をつけて活動している団体ももちろん存在します。
一方できちんと活動している団体も多数存在しています。
遺贈や寄付などのご相談を受けることも多いですが、ぜひ、ご自身で知るということを始められることをオススメいたします。

以下に、寄附金控除を使うことができる団体であり、積極的かつ正当な支援活動を行っている団体を幾つか上げます。
★ 公益財団法人ヒューマン・ライツ・ウォッチ
国際的な人権NGO。徹底した調査、組織の独立性を保持し、世界中すべての人々の人権を守ることを目的として活動している。その中立性を徹底するため、特定の政府からの資金援助は一切受けず、民間からの寄付だけで活動している。
才能あふれるジャーナリストが多数所属し、様々な地からのレポートを、メールマガジンやFacebookなどで配信しており、世界で今何が起こっているのかということを知る上質な情報を得ることができる。

★ 認定NPO法人テラ・ルネッサンス
平和教育・地雷・小型武器・子ども兵の問題に取り組む国際協力NPO。

★ 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
1919年英国で創設された子ども支援団体。組織としてしっかりしており、寄付先として安心できる。

★ 公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン
人道支援活動を行う国際協力NGO。紛争や災害が生じた際には、世界各地の被災地で瞬時に緊急支援活動を行う。

コメントを残す



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。