2015年09月17日

日本一の営業マンは「当たり前のこと」を積み重ねられる人だった

「農業大卒の僕が29歳で年間170戸のマンションを売って日本一の営業マンになった秘密の方法」

株式会社日本財託で投資用ワンルームマンションの営業をされている天田浩平さんの本です。
天田さんとは1年少しのお付き合いになりますが、この本のタイトルからは想像もつかないような普通の方です。
セールステクニックやハウツーが書かれている本はたくさんありますが、
この本には 当たり前のことを着実に確実にやり続けた天田浩平さんだからこそ書けたであろう内容でした。
日本財託社長の重吉勉氏も、お客様の資産を無駄に減らさず、お客様が収入を確保し安心した生活を送っていただくため、
実直に投資用ワンルームマンションを販売し続け、会社を育ててきた方。

wpid-20150916_191622.jpg

昨晩行われた出版記念パーティーでは、
この本の中でも出てくる早川周作さんと内藤忍さんをはじめとする、
天田さんを支えている多くの方々、が集いました。

仕事をしていく中で、私が一番大切にしていることは、以前も書きましたが、当たり前のことをきちんとやり続けること。

この本はあらためてその事を自分に叩き込んでくれました。

コメントを残す



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。