2015年03月30日

NISA口座を開けてみよう!!~証券会社編

現在の制度ではNISA口座は、お一人につき一口座しか開けることができません。
A社で開設したら、その1年間は金融機関を変更することはできません。

では実際NISA口座を開いてみようという時に、どこで開ければ良いのでしょう?

一番先に思いつくのは証券会社だと思います。
テレビなどのメディアでの宣伝広告も、とても多く目にする証券会社でのNISA口座開設。
多くの方は証券会社でNISA口座を開けられる、開けることと思います。

【メリット】
◎ 圧倒的に取扱商品が多い

→ NISA口座で買うことのできる株式、投資信託、ETF(上場投資信託)、
REIT(不動産投資信託)など、選択肢の多さで選ぶのであれば証券会社が一番です。
自分で組み合わせて買うことができます。

◎  住民票取得サービスや口座開設キャンペーンが豊富
→ 最初の一回限りですが、キャンペーンというのはうれしいものです。

【デメリット】
☓ 「売れ筋商品」に目が行ってしまう。

例えば、新聞や、インターネットにある、NISAファンドランキング。
証券会社の窓口で勧められる「オススメ」のファンド。

その商品がどのようなものなのか、利益をどうやって出すことができるのか、
理解できるものでしょうか?

NISAに限りませんが、投資はその商品が利益が出せることに納得できることが重要です。

株式であれば、その会社が成長して配当金を出す、株価が上がる。
投資信託であれば、運用方針が、しっかりしているか。価値を上げていくための運用がなされているか。
手数料は適正か。
きちんと見極めて投資することはとても大事なことです。

レストランで食事のメニューを選ぶ時、いくらお店のオススメでも
嫌いなものであれば、それを頼まないのと一緒です。
自分の口に、趣向に、ポリシーに合わないものは選ぶ必要がないのです。

特にNISA口座では損の状態の場合は税制メリットがありません。
→ 税制メリットについてはこちら。

自分の大切なお金。
うまく商品を選んで、お金を大切に育てたいものですね。

コメントを残す



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。